ステージガンリスト

第1話〜第52話において、マカロニが使用したステージガンを紹介






日活コルト 【電気発火式】
 ※第1話〜第18話まで使用(19話は不明)
日活コルトは、コルト32オートM1903をベースに作られた手作り
の映画用ステージガンである。S46年に模擬銃の規制が行われ
金属製モデルガンの使用が禁じられた時期に多様された。
初期は全員がこの拳銃を使用。


SW リボルバー38 【電気発火式】
 ※第20話〜第36話まで使用
(19話は不明)
38口径。日活コルトに次いでマカロニが使用したのが、この銃。
エジェクターロッドがむき出しでシリンダーが長めなのが特徴的。

SW ハイウェイ・パトロールマン41 3,5インチ
         【電気発火式・マグネシウム方式】

 ※第45話〜使用。マカロニ編以降も使用される。
実物は41口径だが、劇中では「S&W38口径警察用拳銃」という
設定、実銃は存在しないフィクションのガンである。
時代を代表するガンで70年代の刑事ドラマにはほぼ登場した。
マグネシウム方式と電気発火式の2パターンが撮影に用意された
が、マカロニ編では主に電気発火式が使用されたようです。




[ TOP ]